「債券」とはどんなものか?

pc-work

債券とは資金調達の際に国や地方自治体、企業などが発行する有価証券で、

 

お金を借りるときの借用書のようなものでお金を借りたい時に発行します。

利子の支払いや元本の返済を約束して発行する証書です。

 

債券を買うことは、債券を発行した発行体にお金を貸したと考えると分かり易いです。

発行体によって名称が違います。

 

発行体債権名称
国債
自治体地方債
企業社債

 

債券を購入した投資家は、債券を所有することで毎年定められた利息を受け取り、

償還期限には投入したお金(貸したお金)を償還できます。

 

発行された後の債券は流通市場にて、その時の価格で自由に売買出来ます。

 

債券の時価は値上がりすることもあれば値下がりすることもあり、償還期限前に売却する場合価格が変動します。

 

『リスク』

 

発行体が万が一破綻した場合は、額面の金額が戻って来ないこともあり、投資をする場合は発行体の信用度を確認しつつ投資先を選別します。

 

格付けは発行体の信用度を判断する一つの材料として一定の信用があります。

 

・格付け会社
ムーディーズ、スタンダード&プアーズ

・日本の格付け会社
格付投資情報センター(R&I)、日本格付研究所(JCR)などがあります。

R&Iの債券格付けランク種別   
投資適格債AAAAABBB
投機的債券BBCCCCC

★ムーディーズによる日本国債への格付けはA1となり、G7の中ではイタリアに次いで低い