単利と複利ではどちらが得か?

ooyorokobi

複利とは、1か月・半年・1年など一定期間ごとに支払われる利息を元本に加えて、

これを新しい元本として次の利息を計算することです。

 

例)年利2%で1年複利の商品に100万円を預けた場合、1年目には2万円の利息が付きます。

 

 

2年目は102万円を元金として利息が計算されます。

 

 

102万円×2%=20,400円 3年目は102万円に2万4百円を加えて1,040,400円が元金となります。

 

 

このように複利の金融商品は、利息にも利息が付いていくものですので、単利の商品よりも有利になります。

 

1年複利より半年複利、半年複利より1か月複利が利息効果は大きくなります。

 

 

100万円を単利2%で5年間預金した場合
税引き後元利合計108万円(税引き後)

 

100万円を半年複利・年利2%で5年間預金した場合
税引き後元利合計108万3,698円(満期時に一括課税の場合)

銀行・ゆうちょ銀行一部の定期預金を除けば複利の商品がほとんどです。

 

総合口座も複利です。

  • 1か月複利:MMF・中期国債ファンドなど
  • 半年複利:定額貯金・変動金利定期など
  • 1年複利:期日指定定期など

 

 

【72の法則】

 

投資した元本を複利運用して元本を2倍にする利率、年数を求めるのに「72の法則」が有効。

 

72=金利×年数

 

例えば金利1%では72年、3%では24年で元金が2倍になる、

100万円を金利3%で預ければ24年間で200万円になるということです。

 

10年で2倍にするためには7.2%の金利が必要。

借金はあっという間に増えるというのもわかる気がします。